中田真央展 (平面)

10月1日(月)-13日(土) 
11:00-19:00 日曜休廊



〈九龍〉 2018年 水性木版、油性木版、アクリルガッシュ、胡粉、色鉛筆 606×410mm (M12)

九龍から来たという娘の背中には鯉の刺青が入っていて、鯉は滝を昇り切れば龍になるのよと不敵に笑った。
その夜、僕は彼女の背中で鯉が這いずる夢を見た。薄くて白い皮膚の中を朱い肢体が懸命にねらねらと登っていく。
美しいような怖いような光景に僕は口を開けたまま見とれてしまった。
ああこの朱い鱗に呑まれて彼女は龍に産まれ変わっていくのだなと頭のどこかでぼんやりと思い、
九龍の紅色の空に帰って行くところを想像した。

作家詳細ページへ