ヤングアーチスト展 (平面)

1月18日(月)-2月6日(土) 
11:00-19:00 日曜休廊 (最終日1階のみ17:00まで)

ガレリア・グラフィカを中心に発表をしている、若手作家4人によるグループ展です。

ヤングアーチスト展
ヤングアーチスト展 
出品作家
日比野拓史 日比野拓史   牛嶋直子 牛嶋直子
ずっとワニを描いている日比野だが、ワニのどこに魅力を感じ描き続けているのだろうか。ワニのいる空間を具象的に描いていたが、最近はシンプルになり、平面的に塗られた水の中を顔料で盛り上げられたワニが楽しそうに浮遊している。   都会を離れたどこかなつかしい風景のなかに佇む建物、その暗闇のなかのひかりたち。しかしそこには誰もいない。さっきまで存在していたはずの人々は消え、静寂だけがある。そこはまるで虚構の世界のようだ。
       
佐東恵 佐東 恵   藤原泰佑 藤原泰佑
何層も何層も重ねられた油絵具を彫刻刀で彫ってかたちを生み出していく。それは集積された時間を掘り起こしているかのようだ。そうして浮かび上がって来た美しい色たちは、抽象的な造形から身近にある自然の造形へと変化してきた。
  テトリスのように上から降っては重なりあう民家が、ひたすら積み上げられて廃墟と化す。田畑を貫く県道や密集している民家から突き出た異様に大きな広告看板、その俯瞰図は過疎化が進む地方都市の現状を見せつけられているかのようだ。